富山市食堂マルコ様 瓦降し替え工事(屋根リフォーム)の施工レポート

施工中

富山市食堂マルコ様 瓦降し替え工事(屋根リフォーム)

施工日時順▼

▲更新日時順

【施工日時順】富山市食堂マルコ様 瓦降し替え工事(屋根リフォーム)のレポート

瓦おろし後、銀いぶしかわらぶき作業(防災和瓦)
2018.05.04

富山市下堀にある「食堂MARUKO」様の

 

瓦おろし替え屋根工事

 

 

 

まずは瓦を降ろし、下地を修理し

 

ベニヤで新しく下地作りをした後に、

 

水を防ぐためにゴムアスルーフィング

 

を貼ります。 

 

富山市食堂マルコ1瓦降し替え屋根工事.jpg

 

 

 

瓦は、富山では珍しい

 

いぶし瓦を選択し、

 

三州栄四郎の銀いぶしを使用 

 

富山市食堂マルコ2栄四朗瓦銀いぶし.jpg

 

 

 

鶴弥北陸支店より

 

食堂MARUKO(マルコ)様

 

栄四郎瓦 銀いぶし、耐風桟瓦(防災瓦)

 

が到着しました。

 

富山市食堂マルコ3栄四朗瓦銀いぶし.jpg 

 

 

 

到着した瓦を施工しやすいように

 

屋根に載せていきます。

 

富山市食堂マルコ4瓦降し替え瓦葺き.jpg 

 

 

 

新しい食堂という事もあり、

 

軒瓦に州浜軒(スハマ)という、

 

軒先の美しく見える軒瓦を使用

 

富山市食堂マルコ6瓦降し替え州浜軒瓦.jpg 

 

 

 

屋根に載せた瓦を

 

かわらぶき職人により、手作業で

 

一枚一枚、丁寧に葺いていきます。

 

富山市食堂マルコ5瓦降し替え瓦葺き.jpg 

 

 

 

州浜軒(スハマ)が屋根に載りました。

 

富山市食堂マルコ7瓦降し替え州浜軒瓦.jpg 

 

 

 

当社施工ではないですが、

 

食堂MARUKO(マルコ)さんのこの看板は

 

良くあるカッティングシートではなく、

 

富山で珍しい手書き職人さんによる手書きの文字だそうです。 

 

美しいデザインのフォントの中に、

 

一文字一文字温かみの感じる文字に仕上がっていました。

 

食堂に来られた際は、瓦以外に、

 

看板の文字も良く見てみて下さい。

 

手書きの温かみが感じ取れると思います。

 

富山市食堂マルコ8瓦降し替え屋根工事.jpg 

 

 

 

平瓦から鬼瓦、看板まで沢山の拘りの詰まった

 

食堂MARUKO(マルコ)さんの瓦屋根

 

一枚一枚、丁寧に施工していきます。 

 

 

 

------------------------------------------

 「食堂MARUKO(マルコ)」

  富山県 富山市 下堀 41-7

 

 昼の部 

  火曜~土曜 AM 11:00 ~ PM 17:00

 夜の部

  金曜・土曜 PM 19:00 ~ PM 23:00

 (定休日:月曜日・日曜日・祝日)

 ------------------------------------------

 


かわらぶき作業完了(州浜軒瓦、中付き袖、古代鬼面鬼使用)
2018.05.06

まだ残雪の残る立山連峰を背に、

 

瓦葺き作業を進めていきます。

 

富山では珍しい銀いぶし瓦を使用する為、

 

かわらぶき職人により、一枚一枚

 

丁寧に並べて行きます。

 

富山市食堂マルコ9瓦降し替え瓦葺き.jpg 

 

 

 

材料や瓦は、このように

 

瓦揚げ機で揚げていきます。

 

富山市食堂マルコa瓦降し替え屋根工事.jpg 

 

 

 

 

栄四郎 銀いぶし瓦の並んだ状態。

 

棟や鬼瓦はこれから載ります。

富山市食堂マルコb瓦降し替え屋根工事.jpg

 

 

 

中付き袖瓦という、

 

切り妻屋根の妻部分に載る袖瓦に拘ります。

 

陰影がアクセントとなり、

 

袖部分が美しい仕上がりになります。

 

富山市食堂マルコe瓦降し替え中付き袖瓦.jpg

 

 

 

 

袖瓦が中付き袖という特殊な瓦な為に

 

巴瓦も特殊になり、特注になります。

 

富山市食堂マルコd瓦降し替え中付き巴.jpg

 

 

 

鬼瓦に富山では珍しい

 

古代鬼面鬼瓦を使用します。

 

富山市食堂マルコf瓦降し替え古代鬼面.jpg

 

 

 


棟積み作業(漆喰、肌熨斗、古代鬼面鬼使用)
2018.06.28

屋根のてっぺんに棟を積んでいきます。

 

棟の土台が凍害や地震、風化で傷まないよう

 

富山では素焼きの面戸瓦を使用します。

 

棟土に、昔の練土とは違い。

 

「シルガード」という撥水剤入りの棟土を使用します。

 

富山市食堂マルコf瓦降し替え棟工事.jpg 

 

 

 

富山では他県と違い、このように

 

素焼きの面戸瓦とヌキ下地に

 

漆喰を塗り上げていくので、

 

塗った漆喰が剥離しにくく、

 

棟が地震等で崩れにくくなっています。

 

富山市食堂マルコg瓦降し替え漆喰.jpg 

 

 

 

栄四郎 銀いぶしノシ瓦を並べた状態。

 

富山市食堂マルコi瓦降し替え肌熨斗.jpg 

 

 

 

富山では珍しい肌ノシを見せる工法をし、

 

美しくし見えるように仕上げていきます。

 

富山市食堂マルコj瓦降し替え肌熨斗.jpg 

 

 

 

古代鬼面鬼使用に

 

ノシ瓦を隙間なく積んでいきます。

 

富山市食堂マルコk瓦降し替え棟積み.jpg 

 

 

 

食堂MARUKOさん

 

富山では珍しいいぶし瓦で美しく仕上げていきます。

 

富山市食堂マルコl瓦降し替え屋根工事.jpg

 

 

この後、素丸瓦を載せ、仕上がりとなります。 

 


食堂マルコ、棟仕上げ(素丸、肌熨斗、古代鬼面鬼使用)
2018.07.01

棟にノシ瓦を積み上げ、

 

最後に素丸瓦を載せ、仕上げていきます。

 

 

古代鬼面鬼瓦に丸瓦を合わせていきます。

 

富山市食堂マルコy瓦降し替え鬼面鬼.jpg

 

 

 

素丸瓦一枚一枚をすり合わせ、隙間なく仕上げていきます。

 

富山市食堂マルコx瓦降し替え素丸合端.jpg

 

 

 

素丸瓦一枚一枚をすり合わせ、ノシ瓦とも合わせ、

 

隙間なく仕上げていきます。

 

富山市食堂マルコz瓦降し替え棟積み.jpg

 

 

 

中付袖瓦と棟瓦

 

富山市食堂マルコr瓦降し替え中付き袖瓦.jpg

 

 

 

いぶし瓦を美しく見えるように仕上げていきました。

 

富山市食堂マルコp栄四朗銀いぶし.jpg

 

 

 

いぶし瓦が美しく見えるように仕上げていきました。

富山市食堂マルコq栄四朗銀いぶし.jpg

 

 

 

食堂MARUKOさん

 

富山では珍しいいぶし瓦で美しく仕上がっています。

 

富山市食堂マルコt瓦降し替え屋根工事.jpg

 

屋根仕様 

 平部 : いぶし和瓦(防災瓦)

 軒部 : 州浜軒瓦

 袖部 : 中付袖瓦

 棟  : 古代鬼面鬼瓦

      肌熨斗積み、素丸仕上げ

 


Page Top

カテゴリ

太陽光発電 お問い合わせ・お見積もりはこちらから
Copyright © 2009- Shakunaga-kawara. All Rights Reserved.