立山町S邸 屋根リフォーム、瓦おろし替え工事の施工レポート

施工完了

立山町S邸 屋根リフォーム、瓦おろし替え工事

施工日時順▼

▲更新日時順

【更新日時順】立山町S邸 屋根リフォーム、瓦おろし替え工事のレポート

立山町S様邸リフォーム屋根瓦工事完成。 雪割り冠甍棟積み(防災施工完了)
2014.07.23

富山県立山町S様邸リフォーム屋根瓦工事完成。

雪割り冠甍棟積み(防災施工)

 

 丸の上部に背びれのような突起があり

 雪割り冠(雪割り瓦)といい、

 富山で古くから見られる瓦ですが

 今では作られていないため、特注で作りました。

立山,富山,瓦屋根工事,甍棟,防災施工,棟唐草,小松製瓦,雪割り冠,雪割り瓦,釈永瓦工務店1級ロゴ21.jpg

 

 雪割り瓦は雪や風にあおられやすいため、

 内部にモルタルを入れ、強度を高めます。

立山,富山,瓦屋根工事,甍棟,防災施工,棟唐草,小松製瓦,雪割り冠,雪割り瓦,釈永瓦工務店1級ロゴ22.jpg

 

 

 外観

 甍棟に雪割り冠(雪割り瓦)仕様

 鬼瓦は三ツ切御所鬼瓦(京の巻)

立山,富山,瓦屋根工事,甍棟,防災施工,棟唐草,小松製瓦,雪割り冠,雪割り瓦,釈永瓦工務店1級ロゴ26.jpg

 

 万十軒瓦、袖瓦(けらば瓦)、角瓦等、

 風当たりの強い部分に、外部からパッキンビス釘を打ち

 地震、台風、大雪等に強い防災施工としました。

立山,富山,瓦屋根工事,甍棟,防災施工,棟唐草,小松製瓦,雪割り冠,雪割り瓦,釈永瓦工務店1級02.jpg

 

 外観

 甍棟に雪割り冠(雪割り瓦)仕様

 鬼瓦は三ツ切御所鬼(京の巻)台付け

釈永瓦工務店 0005.jpg

 

雪に強い小松製瓦の和瓦を使用。

鬼瓦は鬼台の上に三切りの御所鬼瓦を載せます。

本棟は甍棟仕様、

雪止めは輪型(七枚抜き入れ)

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)

雪割り冠(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

 

 

立山町S様邸リフォーム瓦屋根工事。甍棟、雪割り冠(防災施工、黒瓦)


 

◎ 完成写真は、当社施行例で公開しています ◎

 

 

 

 

甍棟積み(棟唐草)屋根瓦工事 (防災施工、セメントモルタル使用)
2014.06.24

甍棟積み(棟唐草)屋根瓦工事(防災施工、セメントモルタル使用)

棟の下部分に、唐草瓦を葺く「甍棟(棟唐草)」仕様

下甍となり、

棟土台部には白漆喰を施します。

○800釈永瓦工務店1級ロゴ11.jpg

 

棟土には市販の「セメントモルタル」を使用。

○800釈永瓦工務店1級ロゴ13.jpg 

 

棟内部に、鉄筋を入れ、縦筋と合わせて、

地震、大雪、台風等に強い防災施工となります。

(※のし瓦の銅線は、のし瓦同士でしっかり緊結します。)

○800釈永瓦工務店1級ロゴ12.jpg

 

こちらのお宅では、甍棟の上に、のし瓦を8段積みます。

一枚一枚、一段一段、雨仕舞と見栄えを考えながら

丁寧に積んでゆきます。

○800釈永瓦工務店1級ロゴ14.jpg

 

雪に強い小松製瓦の和瓦を使用。

鬼瓦は鬼台の上に三切りの御所鬼瓦を載せます。

本棟は棟甍仕様。

雪止めは輪型(七枚抜き入れ)

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)、雪割り冠(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

使用

三切り御所鬼瓦設置、18番銅線の6本ヨリ線使用
2014.05.16

三切り御所鬼瓦設置、18番銅線の6本ヨリ線使用

 

 三切り御所鬼瓦と、鬼を載せる鬼台の設置。 

 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦32.jpg

 
 
 
 三切り御所鬼瓦、鬼台を組み立てるのに、
 18番銅線の6本ヨリ線使用
立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦30a.JPG
 
 
 
 
 三切り鬼瓦とは、右足、左足、胴の部分と、
 3つに分かれた鬼瓦の事。
 これを組み立てために、上の写真の18番銅線を
 6本まとめたヨリ線を使用します。
立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦30b.JPG
 
 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割.jpg
 
 
 そして、ズレないように、必死に鬼瓦を組みます^^
 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦31.jpg
 
 
雪に強い小松製瓦の和瓦を使用。

鬼瓦は鬼台の上に三切りの御所鬼瓦を載せます(本棟)。

雪止めは輪型(七枚抜き入れ)

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)、

雪割り瓦(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

使用予定

屋根に瓦を並べる為の割り付けをし、瓦を揚げ、葺きます。
2014.05.08

瓦屋根下地施工後、瓦の割り付けをし、屋根に瓦を葺きます

 

 瓦割をするのに、カネピタ君で

 屋根の垂直を確認して、割り付けをしていきます。 

 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦12.jpg
 
 
 瓦揚げ
 こちらのお宅では、3500枚以上のを載せます。 
立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦14.jpg
 
 
 
 一枚一枚の瓦を、手作業で並べて葺きます。
 瓦桟は15×35
 平瓦を一枚一枚全部、ステンレススクリュウ釘で打ち
 軒、袖瓦は、二本のステンレススクリュウ釘と
 パッキンビス釘で三本目の釘を打ち、
 地震、台風、大雪等の災害に強い、完全防災施工を施します。
 
 瓦と屋根下地の間には、空気の層があり、
 それが、防音、遮熱等の効果を生みます。
 結露もしにくく、結露をしても直接下地が濡れる事も少なく、
 濡れても乾燥しやすいのが、瓦の特徴となっています。
 
 雨の日が多く、湿度が全国一位の富山県で
 瓦が良く使われる理由の一つです。 
 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦13.jpg
 
 
 平葺き完了後
 
 先日まで咲いていた桜が瓦の上に散り、
 桜の花びらで、美しく演出してくれました。
 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦15.jpg
 富山県立山町 瓦屋根リフォーム(瓦おろし替え工事)

 

雪に強い小松製瓦の和瓦を使用。

雪止めは輪型(七枚抜き入れ)

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)、

雪割り瓦(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

使用予定

瓦を葺く為の、屋根の下地作り
2014.04.26

 立山町S様邸にて瓦屋根リフォーム(おろし替え工事)瓦屋根下地作り

 

 ~清掃後、瓦屋根下地作りをします~

 清掃をします

 40年分のゴミに、屋根下地が傷んでいる為、

 予想以上にゴミが出ます。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦08b.jpg

 

 

 清楚後、瓦屋根の下地作り。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦08c.jpg

 

 

 外壁との隙間も見つけますが、

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦09.jpg

 

 

 木下地も作り直します。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦10a.jpg 

 

 

 下地の修正後、下地材貼り。

 壁際や、棟違いがある為、貼り方に気を付けます。

 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦10c.jpg

 

 

 瓦桟打ち。

 最近の瓦はこの、瓦桟の上に載せ、瓦を葺くので重要。

 この後、屋根に瓦を揚げます。

 立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦10z.jpg

富山県立山町 瓦屋根リフォーム(瓦おろし替え工事)

下地に、15×35の瓦桟、水抜き仕様の下地材を使います。

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)

雪割り瓦(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

使用予定

古い瓦(49版瓦)をはぐり、下地解体
2014.04.25

富山県立山町S様邸にて瓦屋根リフォーム(おろし替え瓦工事)

  ※瓦のおろし替え工事というのは、古い瓦を処分し、新しい瓦を載せる工事

   その際、傷んだ屋根下地を修理してから施工します。

 

~棟瓦の解体作業~

 40年前後の風雪に耐えてきた為、

 さすがに棟瓦の抜けが生じて来ています。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦01.jpg

 

 

 49版と呼ばれる銅線留めの黒瓦で、

 棟は甍仕様(棟唐草)で、家紋、雪割り、

 鬼瓦は台の上に三つ切り鬼瓦が載るという立派な瓦屋根。

 解体も慎重に行います。

 新瓦も、これに近いものに仕上げる予定。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦04.jpg

 

 

 40年経っているため、棟土も砂のようになってしまっていました。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦05.jpg

 

 

 瓦まくり完了。

 この後ダンプに載せ、契約した捨て場へ運びます。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦08.jpg

 

 

 瓦をまくった後、瓦が割れていた訳ではないのですが、

 下地が傷み、雨が侵入している個所がありました。

 簡単な修理であれば、手前で直してしまいます。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦07.jpg

 

 

 下地の傷んだ箇所があちこちにあり、穴が開いています。

 こういった部分も塞いで、新しい下地を作って行きます。

立山町 瓦屋根 黒瓦 雪割り瓦06.jpg

富山県立山町 瓦屋根リフォーム(瓦おろし替え工事)

防災和瓦(完全防災施工)、黒瓦、甍棟(棟唐草)

雪割り瓦(丸瓦)、御所鬼(経の巻)

使用予定

 

 

立山町S様邸リフォーム瓦屋根工事。甍棟、雪割り冠(防災施工、黒瓦)


 

◎ 完成写真は、当社施行例で公開しています ◎

 

 

 

Page Top

カテゴリ

太陽光発電 お問い合わせ・お見積もりはこちらから
Copyright © 2009- Shakunaga-kawara. All Rights Reserved.