49判瓦しめなおし工事(富山市N様邸 屋根リフォーム)

富山市で49判瓦のしめなおし工事(屋根リフォーム)

 

 

瓦しめなおし工事とは、屋根に載っている瓦をはぐり、

痛んだ屋根下地を修理した後に既存の瓦を再利用し、屋根に葺き直す工事となります。

 

今回は築40年以上経ったお宅の49判黒瓦屋根のしめなおし工事

49版黒瓦しめなおし工事、富山市.jpg

 

 

雨漏りのしにくいように、下地に防水の為のゴムアスルーフィングを貼り、瓦を一枚一枚銅線で縛り仕上げます。

49版黒瓦しめなおし工事、富山市o.jpg

 

 

 

棟は4段積み、マタギ鬼瓦使用。

49版黒瓦しめなおし工事、富山市q.jpg

 

 

既存の、富山県産49判黒瓦を再利用し、1枚1枚

銅線で縛って留めてあります。 

 

何十年も住宅を守ってきた瓦なので、瓦の選別をし、悪瓦は交換し、

またこの先数十年、安心して屋根を守れるように、一枚一枚丁寧に葺きあげていきました。

 

こちらのお宅では、ご自宅の庇のや板金部の塗装のご相談、ご依頼に、

お庭の物置の板金修理、塗装、のご相談も受け、対応させていただきました。

お家の事で気になる事等ありましたら、お気軽にご相談して下さい。

 

施工レポートは、こちら↓ ↓

 富山市N様邸 瓦しめなおし工事(屋根リフォーム) 

Page Top

太陽光発電 お問い合わせ・お見積もりはこちらから
Copyright © 2009- Shakunaga-kawara. All Rights Reserved.